園長室から(29年度)1 印刷
1月9日(火)

 あけましておめでとうございます。
 今日から3学期が始まります。門の前には9時の開門を待つ子どもたちが並んでいました。「あけましておめでとうございます。」と、新年の挨拶を交わし、「おはようございます」と、いつもの挨拶をして保育室に元気に向かっていく子どもたち。
 始業式ではみんなと新年の挨拶を交わした後、子どもたちに2つの話をしました。今、年長さんがとっても頑張っているので、一つ目は、作品展に向けて年長さんを中心に、自分たちで考えながらみんなで協力して作品を作っていくこと。2つ目は、園庭で年長さんを中心に鉄棒や縄跳びに挑戦していき体を鍛えていくことでした。
 3学期は、年長の子どもたちを中心にいろいろな場面で子どもたち一人一人がもっている力を発揮していく姿を楽しみにしていきます。

IMG 8157 IMG 81350 IMG 81060
IMG 8252  IMG 8195  IMG 8166 1月10日(水)

 登園して来た子どもたちの遊びの様子を見に行きました。
 まず最初に覗いた年中組では大型積み木を積み重ねて遊んだり、おままごとや電車で遊んだり、絵を描いたりしている中で、これから行うスチレン版画のために手の形を写し取っている子どもたちもいました。
 年長組では屋上で縄跳びをしたり、保育室でコマ回しをしたり、テラスでふざけあって遊んでいたり、鉢に水やりをしたり、鉢の球根を見ていたりと思い思いの遊びをしていました。勢いよく回っているコマを見つめている子どもたち、縄跳び検定をして合格のテープを巻いてもらっている子どもたちもいました。
 年少組では絵を描いたり、部屋のおもちゃの中で猫や犬になって鳴き声を出していたり、ピンクの紙でリボンを作ったりしている中で、先生と一緒に凧を作っている子どもたちもいました。
 「園長先生、今から凧揚げをします。」と担任の声。園庭に行ってみると年少の子どもたちが片手に凧につながっている糸巻を持って園庭を走り回っていました。風もあるので子どもの後を凧が追いかけていました。

1月11日(木)

 子どもたちが楽しみにしていた「おもちつき」がありました。つき手として3人のお父さんが、調理として6人のお母さんがお手伝いをしてくださいました。
 年少組から杵を持ってほぼでき上がったお餅をお父さんに手伝ってもらい順番についていきました。つき終わると保育室に戻り、お母さん方が食べやすい大きさにし、黄粉と醤油をつけたお餅を美味しくいただきました。
 途中、「年少さんのお代わりが足りません。」という先生の声があがり、急いでお父さん方がお餅をついて補充をしました。
 年中組、年長組と順番にもちつきを体験していきました。どのクラスの子どもたちもたくさんお代わりをしていました。年長組など「お代わりの人!」という担任の声に全員が手を挙げていました

 IMG 8335  IMG 8288  IMG 8279
 IMG 8434  IMG 8387  IMG 8406 1月12日(金)

 年中組では粕谷先生の絵画指導がありました。今日は、パイナップルの写生でした。先生が持ってこられた2つのパイナップルをしっかりと見ながら四つ切の画用紙いっぱいにこげ茶のクレパスで輪郭を描き、4色の絵具で色付けしていきました。自分が見て感じとった様々な形をしたパイナップルが描かれていました。色の付け方も子ども自身が感じた色を付けていて、一人一人の感性がよく表れていました。
 年中組では同時にスチレン版画にも取り組みました。10日に型取りした手の形通りに切り抜かれた手袋。その手袋には動物が入ってくるという想定だそうですが。今日は、その手袋が落ちている場所を描きました。すぐ描き始める子どももいれば、顎に手を当てて考え込んでいてなかなか描き始めない子どももいました。しかし、スチレン版に描かれた絵は、多様で一人一人の思いがよく表れていました。
 年長組ではクリスマスプレゼントの独楽に色を付けていました。写真のようにマイ独楽を一心に色付けしている集中している姿は素晴らしいですね。
 年少組ではオニのお面づくりをしていました。先生の説明をよーく聞いている子どもたち。丸い顔のオニ、四角い顔のオニ、自分の好きな形のオニに目や鼻などをクレパスで描き、赤、青、緑の絵の具の一色を選んで彩色しました。

1月15日(月)

 週の始め、登園後の自由遊びでの子どもたちです。
 年少組の子どもたちは、一番早く園庭に出て砂場や自転車などで遊んでいましたが、そのうち、電車ごっこなのでしょうか、写真のように前の子のスモックをつかみながら一列につながって園庭を歩いているかわいい姿がありました。
 年中組の保育室では大型積み木で遊んだり、段ボールの箱が置いてある机の周りに集まって楽しそうに話している子どもたち。丸く輪になって先生も一緒にカルタをしている子どもたちもいました。
 年長組では保育室でコマ回しをしている子どもたちと園庭でドッジボールや縄跳びをしている子どもたちとに分かれていました。ドッジボールをしている子どもの中に年長児の弟たち、年少の二人が交じっているのが見えました。
 また、キノコの家の近くに木に登ろうとしているような仕草をしている二人の男の子がいましたが・・・。

 IMG 8483  IMG 8489  IMG 8465
 IMG 8617  IMG 8570  IMG 8565 1月16日(火)

 昨日と同じように登園後の自由遊びでは園庭や保育室で子どもたちは、思い思いの遊びを楽しんでいました。その中で2階保育室からピアノの音が聞こえてきたので行ってみると、周りの子どもたちが遊んでいる中で5人の女の子たちがピアノの前に集まって、先生のピアノに合わせてきれいな声で歌っていました。
 今日のメインに活動は、年少組では合同でホールに行ってリトミックをすることでした。特に基本の練習を行っていました。
 年中組ではだるま落としに色を塗っているグループと、スチレン版画の摺りをしているグループとに分かれていました。スチレン版画は、手袋と背景の2つの版に自分で選んだインクをルーラーにつけ、版に塗っていきました。その上に和紙を置き、バレンデよくこすり、版から和紙をはがせば出来上がりです。作品展でお見せしますが、なかなか上手に仕上がっています。お楽しみに。
 年長組では卒業アルバムの表紙づくりをしていました。アルバムの背になるところには絵を描かないように気を付けながら、自分が好きな絵をカラーペンで描いていました。

1月17日(水)

 年長組では鈴木先生の絵画指導がありました。今日は、一本の太い木の幹から枝を出し、その枝から2本ずつ枝を増やして画面いっぱいに大きな木を描く活動を始めました。子どもたちは、いろいろな形の木を描いていました。描き終えた子どもからいろいろな形の葉っぱを切り抜き、木の枝に糊付けしていきました。終えた子どもから色画用紙で自分が好きな鳥を作って貼っていきました。できた子どもから木の幹や枝に絵の具で色付けをして完成しました。
 年中組ではリトミックをクラス毎にしていました。真ん中に出てお手本をしている子どももいました。グループに分かれてカエルの歌の輪唱をしているクラスもありました。みんな楽しそうに踊っていました。その後には昨日していたステンシル版画の摺りの続きをしていました。
 年少組でもたくさん遊んだ後にリトミックをクラス毎にしていました。子どもたちは、リトミックが楽しいので笑顔で踊っていました。

 IMG 8708  IMG 8645  IMG 8695
 IMG 8749  IMG 8772  IMG 8826 1月18日(木)

 年少の子どもたちが運動あそびを終えると砂遊びを始めました。
 「これ、誰が作ったの?」と、子どもたちに聞くと
「お兄さん、お姉さんが作ったの。」という答が返ってきまいた。年少の子どもたちが運動あそびをしている間に、年長の子どもたちがダムと川を作っていたのだそうです。
 子どもたちは砂場いっぱいに広がり、川を掘り進めている子、水を汲んできてダムや川に入れている子、山を作っている子、お団子を作っている子、砂場の枠に団子の山を並べている子・・・。思い思いに自分がしたい砂遊びをしていました。
 「腕まくりをしよーっと。」と体操着の長袖をまくっている子どもと共に、靴や靴下を脱いで裸足になって水につかっている子どもも出始めました。
「何しているの?」と聞いてみると、
「プールに入っているの。」と楽しそうに答えてくれました。
 今日は、年少のクラスは、砂遊びをたっぷりと楽しみました。