園長室から(29年度)12 印刷
12月1日(金)

 発表会1日目。あいにくの小雨降る中での発表会になりました。子どもたちは、笑顔で登園してきて準備を始めました。
 年中組は、全員合唱の後、直ぐに劇があるので劇の衣装に着替え始めました。保育室の中は、子どもたちが自分でどんどん着替えていました。
 9時45分。全員合唱から開演しました。今まで練習してきた積み上げの上に今日の姿を会場いっぱいに披露しました。年中組の劇、年長組の劇、年少組の劇と進んでいきました。「ママ―」という子どもの声も舞台から上がり年少組がとっても楽しそうに劇遊びをしていたように思えました。
 最後は、年中組と年長組の合奏と合唱でした。年中組は初めて楽器演奏を披露しましたが4月からの積み上げが活きていた演奏を聞かせてくれました。年長組は、鼓笛の成果の上に立った立派な演奏をしてくれました。明日の2日目は、更に今日の発表の上に立った子どもたちの良さを発揮してくれると思います。
(カメラのデータを間違えて消去してしまったのでビデオの静止画を使用しました。)

2017-12-01 101919 2017-12-01 092448(1) 2017-12-01 084536
 IMG 6893  IMG 6725  IMG 6947 12月2日(土)

 発表会2日目。今日は、座席がぎっしりと詰まっていたので子どもたちはまた昨日と違った雰囲気を味わっていたのでしょう。子どもたちも日々変化しています。その姿を見せてくれました。
 年少組の劇もまた変化していました。昨日とはまた違ったパフォーマンスがあり、ハラハラする場面がありましたが、子どもたちは自分の役を友達と協力しながら頑張っていました。
 年中組の劇は、昨日よりも一段と上達していました。日に日に成長する姿を見せてくれました。楽しんで演じている姿がよく表れていました。合奏もまたよくできました。
 年長組は、劇では昨日お休みだった子どもも今日は頑張って演じていました。自分の役の台詞の言い方や仕草を自分で考えながら演じている姿が素晴らしかったです。子どもたちも満足していたのではないかと思います。合奏、合唱もベストを尽くしていました。素晴らしかったです。

12月6日(水)

 昨日は、私が風邪で休んだためにHP更新ができませんでした。子どもたちは、朝から元気に園庭で遊んでいました。
 今年は、ダイコンの成長が思わしくなかったために年長組が代表して豚汁パーティーに使うダイコンとサトイモを掘りに農園に行きました。農園に着くとダイコンを一人で、あるいは二人で引き抜き始めました。合計27本抜きました。サトイモを子どもたちは掘り始めましたが小イモがあまりついていませんでした。このあと、年中組が農園にダイコンの育ち具合を見に来た帰り道にドングリ拾いをしました。
 午後になると年少・年中の子どもたちが園庭で元気いっぱい遊んでいました。年長組がいないなぁと思って保育室に行くと、クリスマスリースの装飾づくりを楽しそうにしていました。

 IMG 7082  IMG 6981  IMG 6999
 IMG 3200  IMG 7126  IMG 7145 12月7日(木)

 今日は運動あそびがあるのでその時間を除いてそれぞれの学年で活動を工夫していました。
 明日の豚汁パーティーの準備を年少組の子どもたちがしていました。年少組の分担は、コンニャクを小さく千切ることです。初めて経験する子どもがほとんどで弾力あるコンニャクを指先で千切りていました。
 年中組ではクリスマスのサンタクロースが乗るソリづくりをしていました。牛乳パパックをソリの形に切り取り、小さく切った茶色の色紙を周りに貼っていました。隣同士の二人が何やら牛乳パックに描かれているものを仲良く見ている姿が素敵でした。どんな話をしているのでしょう? 作り終えた子どもたちは、思い思いの遊びをしていました。
 年長組では朝の集まりが済むと思い思いの遊びをしていました。リースを作っている男の子もいました。折り紙をしている女の子たちもいました。写真のようにコマ回しをしている男の子たち、オセロゲームを2か所に分かれてしている男の子たち・・・。発表会が終わって子どもたちはのびのびとしていました。
 午後から年長の子どもたちが年少組の保育室に明日の豚汁パーティーの説明をしにきました。どのようにして豚汁を作るのかを子どもたちが順番に説明していました。年長の子どもたちは、年少の子どもたちにお兄さん、お姉さんらしさを見せていました。双方にとってこのような体験が互いの成長に大切なのです。

12月8日(金)

 豚汁パーティーがあり、年中・年長の子どもたちは、登園して来ると調理する身支度に着替えました。エプロンに三角巾をしている子どもたちは、小さな調理員です。
 始めにダイコンやニンジンの皮を剥き、小さく切っていきました。先生に手を添えられてピーラーや包丁を使って慎重に作業をしていました。「上手だねぇ。」と声をかけると、「家でもやってるもん。」と答える子どももいました。
 野菜を切り終えると園庭に出て、大鍋に豚肉から入れ始めました。子どもたちの手ではダイコン、ニンジンなどを一人一人大鍋に入れました。
 先生方が味噌を入れ、11時半ごろになり豚汁が出来上がりました。子どもたちは、保育室で賞味期限が近づいた災害時備蓄用の赤飯を弁当箱に分けてもらい、お椀に作ったばかりの豚汁を入れてもらい、「いただきます」をして食べ始めました。子どもたちの口からは、「おいしい。」「おいしーい。」の声がたくさん出ていました。
 年少組から年長組まで豚汁と赤飯のお代わりをたくさんしたので大鍋が空っぽになり、赤飯も完食しました。
 話が変わりますが、成美教育文化会館の入口に置かれている「かけはし」の12月臨時号に先日の発表会のことが紹介されていました。2つのことが褒められていました。一つは子どもたちのこと、一つはコーラス部のことです。ご覧になってみてください。

IMG 7298   IMG 7226  IMG 7187
 IMG 7320  IMG 7389  IMG 7447 12月11日(月)

 12月のお誕生会がありました。今月は、年長組の誕生者はおらず年中組3名、年少組2名の計5名でした。先生からの好きな食べ物や遊びの質問にどの子どももしっかりと答えていました。今日は、発表会を終えたばかりということもあったからか子どもたちの歌声がとても素敵でした。先生方のプレゼントは、曲名当てクイズでした。先生がメロディーを弾き始めると、曲名が分かった子どもたちが一斉に手を挙げて盛り上がっていました。
 誕生会が終わると、各保育室では年少組がクリスマスの飾りづくりでスタンプ押しをしました。待っている子どもたちは、先生と一緒に手品遊びをしていました。年中組では線の遊びをしていました。年長組ではステンド作りをしていました。黒マジックで書いた模様の中を、好きな色のマジックで塗り分ける活動をしていました。作品展にギャラリーのガラスに展示されますのでご期待を。

12月12日(火)

 年少組では農園の下にある学芸大学の雑木林の中の空き地にドングリ拾いに行きました。空き地に着くと落ち葉が厚く敷きつめられフカフカの落ち葉の上を歩いてドングリ拾いを始めました。落ち葉をかき分けてその下にあるドングリを拾っている子どもたち。ビニル袋に落ち葉をいっぱい集めている子どもたち。農園の近くまで上がってマツボックリを拾おうとしている子どもたち。自然の中でのびのびと活動している子どもたちでした。
 年中組ではクリスマス制作の続きをしていました。今日は、サンタの顔を描いたり、トナカイの角をつけたり、サンタの帽子に千切った色紙を貼ったりと様々な活動をしていました。「子どもたちに1回説明しただけでどんどん進めていたんです。」と、担任が子どもたちの活動の姿に感心しながら話していました。
 年長組でも昨日のステンドの続きをいていました。今日は、昨日色塗りしたステンドを引き立たせる額縁づくりをしました。額縁にする黒画用紙に切り抜く形をデザインしていく活動をしました。どんなデザインにしようかと考えながら作業を進めていました。

 IMG 7559  IMG 7513  IMG 7482
 IMG 7656  IMG 7603  IMG 7630 12月13日(水)

 今朝は、縄跳びを持って園庭で短縄跳びをしている子どもたちがたくさんいました。先週から運動あそびで縄跳びが始まったということで年中の子どもたちも縄跳びの練習をしていました。特に年長の子どもたちが担任の前に一列に並んでいました。縄跳び検定を受けるためです。今年の年長の子どもたちは縄跳びが上手です。縄跳びをしている子どもが多いせいか2,3人の年少の女の子どもも縄跳びを持って跳ぶ練習をしていました。
 そのような中、池の近くで年長と年少の女の子が向かい合って縄跳びをしている姿がありました。「このようにするといけ組さんやかわ組さんになるとできるようになるよ。」 このような言葉を年少さんにかけながら一緒に縄跳びの跳び方を教えている年長さんがいました。年少の女の子は、真似しながら繰り返して縄跳びをしていました。この姿に気付いた私は、とても嬉しくなりました。私がたまたまその場面に遭遇したのでこのような交流が行われているのに気付いたのですが、きっといろいろな場面で同じようなことが繰り広げられるのではないかと思うと、異年齢での遊びの大切さを実感しました。
 年少組では粕谷先生の絵画指導がありました。子どもたちは四つ切の画用紙と格闘していました。

12月15日(金)

 気温の上がらない寒い一日でした。その中で、年少組、年中組の子どもたちは、近くの遺跡公園まで園外保育に行きました。10時過ぎに年中組の子どもたちを先頭にして黒目川沿いに歩いて行きました。今年度初めて遺跡公園に行きます。
 公園に着くと、子どもたちは、芝生の斜面をダンボールをお尻に敷いて滑り始めたり、今日のためにダンボールで作ってきた箱型のボードにの追って滑ったり、中には横向きになってグルグルと転がったりしている子どもたちがいました。ダンボールに乗っている子を後ろから押したり、前や横から引っ張ったりして滑っている子どもたちがいました。1時間ほど存分に遊んで幼稚園に戻って来ましたが、まさに子どもは、風の子で元気いっぱい遊んでいました。
 その頃、年長組では紙版画の版作りが仕上がったので順番に和紙に刷る活動をしていました。ローラーを使って版に黒インクをむらなく塗っていきます。先生の援助を受けながらインクを塗り終えると、和紙を版の上に置いて摺りをします。子どもたちは、和紙の上を手でしっかりと擦りながらインクを和紙に移しています。薄っすらと黒く和紙が色付いたころ、和紙の端を両手でそっと持ち上げて摺り具合を見る子どもの目が輝いていました。

 IMG 7811  IMG 7840  IMG 7875
 IMG 7885  IMG 7913  IMG 7956 12月18日(月)

 今朝は、この冬一番の寒さでした。駐車場側の地面には霜柱が立ち、凍って地面から浮き上がった板状の霜柱を持って年少の子どもが「せんせい、これ!」と見せに来てくれました。その寒さのためか一番小さなモルモットが死んでしまいました。今までお世話をしていた年長の子どもたちがお墓を作って丁寧に葬っていました。同時に他のモルモットやウサギたちのためにとダンボールで家を作って飼育小屋に入れました。
 今日は、各学年で大掃除をしました。どの学年でも自分にできることを友達と一緒に楽しそうに、或いは一人でこつこつと掃除をしていました。年中になると雑巾の絞り方も上手になっていました。
 年長組では2学期最後のお弁当を、園庭に敷いたブルーシートの上で友だちと楽しそうにおしゃべりをしながら食べていました。

12月19日(火)

 今日で2学期が終わる終業式を迎えました。登園して来た子どもたちは、保育室の中のおもちゃで友達と関わりながら遊んでいました。
 保護者会の後、10時30分からホールで終業式がありました。子どもたちの元気な歌声で会場が明るくなりました。そしてホールが暗くなり、スズの音と共にサンタクロースの登場です。「園長先生だ!」という子どもたちの声。客席の端にいたお母さん方からも「園長先生よね。」という声。その客席の下にいた私を見て、ちょっぴり驚いた顔も・・・。子どもたちに見えるところに私が出て行ったのでサンタクロースが私ではないことが分かったようですが・・・サンタクロースは?
 子どもたちは、年少組からプレゼントを一人一人受け取りながら保育室に戻って行きました。
 
今年の「園長室から」は、今日で終わります。よいお年をお迎えください。

 IMG 7997  IMG 8014  IMG 8059